みことばの種

19/7 祈りが答えられるための3つの鍵

 

 

詩篇143:11-12

「主よ。あなたの御名のゆえに、私を生かし、あなたの義によって、私のたましいを苦しみから連れ出してください。あなたの恵みによって、私の敵を滅ぼし、私のたましいに敵対するすべての者を消し去ってください。私はあなたのしもべですから。」

 

この祈りの中で詩篇の作者は、神が私たちの祈りに答えてくださると信じる3つの美しい理由を挙げています。その3つの理由は、ある特定の状況や自分の感情からは独立しています。

私たちはイエスの御名によって祈り、その御名のゆえに、神は答えてくださる。それが一つ目の理由です。

2つ目の理由は、神の義によって、私のたましいを苦しみから連れ出してくださるからです。私は自分の義によって神に訴えかけるのではなく、神の義によってイエスを通した信仰によって受け取るのです。

そして3つ目の理由は、神の恵みによって私の敵を滅ぼしてくださるからです。「恵み」と訳されている単語の本当の意味は、「契約を守る神の誠実さ」です。つまり、神は私たちが不信仰、価値がないと感じているときであっても、契約を守る神の誠実さは変わることがありません。

つまり、神が私たちの祈りに答えてくださる3つの理由は、御名のゆえ、神の義のゆえ、契約を守る神の誠実さのゆえ、です。敵に勝たせないでください。あなたの義はあなたを支えることがないので、そのことで敵に倒されないでください。しかし、主の御名、神の義、契約を守る死の誠実さに基づいて神のもとへと来てください。