みことばの種

16/1 緊密につなぎ合わされる

 

 

詩篇122:3

「エルサレム、それは、よくまとめられた町として建てられている。」

 

この、「よくまとめられた」という言葉は、神の民がどのように一つとなるかという啓示を私たちに与えています。ヘブル語では、ほとんどすべての単語が3つの一致した意味に基づいて形成されているので、単語の本当の意味を知りたいと思ったら、その語根にさかのぼらなければなりません。「よくまとめられた」と訳されている語をさかのぼると、「同僚、仲間、親密な人」という意味です。それは、ヘブル語で2人の間にある最も愛情に満ちた関係を表わす語の一つです。それは、今の現代ヘブル語でもそのように用いられています。

ですから、神の民が一つとなるための土台は、人々が教会の建物に集まることではありません。礼拝の場所に出席することではありません。特定の教理の教えに同意することでもなく、その本当の土台は、神の民がよくまとめられ、真に一つとされて、互いの信頼関係です。彼らは同僚であり、仲間で、主に仕え、互いに仕え合っています。真の一致にある神の民を結びつけているものは、教理ではなく、集まる時間や場所でもなく、私たちを同僚、仲間、兄弟姉妹、互いに信頼し合った同じ家族の一員とする、心と心が結びついた個人的な信頼関係なのです。