みことばの種

02/3 神から受け取る

 

 

ヨハネ3:27

「ヨハネは答えて言った。『人は、天から与えられるのでなければ、何も受けることはできません。』」

 

物事を手にするとき、基本的に2つの方法があります。一つは受け取ること、そして、もう一つはつかみ取ることです。多くの人々は、つかみ取ることによって物事を手に入れますが、つかみ取ることの欠点は、手にしたものは永久的でないことです。それはしばらくの間あなたの手の中にありますが、最終的にあなたのものとはなりません。

もう一つの物事を得る方法は受け取ることです。神があなたのために持っておられるものを受け取ることです。そして、長い目で見れば、あなたは神から受けるもの以上のものを持つことはありません。私たちの人生で唯一、永久的なものは、神から受けるものだけです。ですから、一時的なものをつかみ取ることをやめましょう。握ることをやめ、手に入れようとすることをやめ、ただ神に立ち返ってこのように言ってください。「神さま、あなたが私に持ってほしいと願っておられるものすべてが、私もほしいと願うものです。私はそれで満足を得ます。神さま、あなたから受けることのできるものでない限り、高い地位や多額のお金、特別な楽しみ方を求めません。」

なぜなら、あなたが神から受け取るものは、あなたを祝福するものだからです。それは本当にあなたのものとなります。それは永久的なものです。最後にそれがあなたに害を及ぼすことはありません。しかし、あなたがつかみ取って得るものは、長い目で見れば、手を伸ばしてそれをつかみ取ったことを後悔することが多いでしょう。ですから、安全なもの、平安と本当の祝福をもたらすものは、あなたが天から、神から受けるものであることを忘れないでください。