みことばの種

16/7 喜びの時

 

 

詩篇126:1-2

「主がシオンの繁栄を元どおりにされたとき、私たちは夢を見ている者のようであった。そのとき、私たちの口は笑いで満たされ、私たちの舌は喜びの叫びで満たされた。そのとき、国々の間で、人々は言った。『主は彼らのために大いなることをなされた。』」

 

主は私たちのために大いなることをなされた、というこのことばは、今の世代において成就しつつあります。19世紀にもわたる長すぎる国外生活ののち、主は地に四方に散らされたユダヤ民族、イスラエルの民を回復へと導いておられます。まさに、神がすべてのご自身の預言者の口を通して語られてきたように、です。そして、大いなる喜びと楽しみがあるでしょう。

今現在、回復は始まっているにもかかわらず、その成就には至っておらず、このみことばの中に非常に重要なものがあります。2節に、「そのとき、国々の間で、人々は言った。『主は彼らのために大いなることをなされた。』」 とあります。実は次の3節で、イスラエル自身が主がなされたことの偉大さに目覚め、こう言っています。「主は私たちのために大いなることをなされ、私たちは喜んだ。」

神がイスラエルのためにしておられる大いなることを理解する聖書を信じるクリスチャンは非常に多く、みことばの正確さを知ることができます。彼らは、国々の間で、他の国々の間で主は彼らのために大いなることを成され、今この時、ユダヤ民族は主が自分たちのために主が大いなることをしてくださった事実に目覚め始めています。私たちはそのみことばにある、シオンの捕らわれ人たちの回復の約束が今、起こってきているのを見ているのです。