みことばの種

19/6 罪悪感からの解放

 

 

詩篇143:1-3

「主よ。私の祈りを聞き、私の願いに耳を傾けてください。あなたの真実と義によって、私に答えてください。あなたのしもべをさばきにかけないでください。生ける者はだれひとり、あなたの前に義と認められないからです。敵は私のたましいを追いつめ、私のいのちを地に打ち砕き、長く死んでいる者のように、私を暗い所に住まわせたからです。」

 

詩篇の作者は、私たちの大半が攻撃を受ける暗闇の力、非難する力に悩まされています。私たち一人ひとりには敵、非難者がおり、私たちに罪悪感や無価値感を味わわせ、失敗や欠点、無価値だと思わせ、もし、その敵をしゃべらせ続けるなら、敵は私たちの人生を徹底的に打ち負かすのです。それに対する答えを、この詩篇の作者は見つけました。彼は神に立ち返り、祈って言いました。「私の願いに耳を傾けてください。あなたの真実と義によって、私に答えてください。」

私たちが非難の力と無価値感に直面するとき、最も重要なことは、それ以上敵に耳を傾けず、神に立ち返り、助けを求めることです。私たちの義や忠実さに基づくのではなく、神の義と神の真実に基づいてください。それが、非難からの脱出法です。それが勝利へと戻る道です。私たちは神にさばきの中に入っていただくように求めるのではなく、神の義と真実によって答えていただくように求めるその時、私たちは暗闇の非難の力から解き放たれます。