みことばの種

23/2 怠惰は貧しさをもたらす

 

箴言6:9-11

「なまけ者よ。いつまで寝ているのか。いつ目をさまして起きるのか。しばらく眠り、しばらくまどろみ、しばらく手をこまねいて、また休む。だから、あなたの貧しさは浮浪者のように、あなたの乏しさは横着者のようにやって来る。」

聖書の面白さの一つは、その原因となるものを探ることで、明らかに貧しさは物質的状態であるにもかかわらず、その根っことなる原因は霊的なものであると、示しているところです、その根っことなる原因は怠惰で、私たちが怠惰にふけるならば、私たちの貧しさは盗人のように、乏しさは武装兵のようにやって来ます。新改訳聖書は、貧しさは浮浪者のように、乏しさは横着者のようにとありますが、原語では盗人、武装兵となっています。見たところは、貧しさと乏しさはほど遠いかもしれませんが、もしあなたが眠ってしまうなら、また、あきらめたり、ただ腕を組んで横になるなら、貧しさは驚くほど素早くやって来て、盗人のように力づくで私たちの所にやって来ます。貧しさはドアをノックせず、力づくで入ってきます。

怠惰は最終的に貧しさへの確かな道であり、貧しさの解決法は、経済的、物質的なものが第一ではなく、霊的なものであることを忘れないでください。もしあなたが貧しさと闘っているなら、貧しさがあなたを圧迫しているなら、あなたの霊的状態を探ってみてください。盗人があなたを襲い、あなたに迫り、支配することを許してしまっていないかどうかを確かめてください。