みことばの種

06/2 恐れからの解放

 

 

詩篇34:4-5

「私が主を求めると、主は答えてくださった。私をすべての恐怖から救い出してくださった。彼らが主を仰ぎ見ると、彼らは輝いた。『彼らの顔をはずかしめないでください。』」

 

これは、個人的体験のあかしです。仮説や神学、信念でもありません。非常な困難と危機的状況にあった人のあかしです。彼は主に向かい、祈りの中で主を求めると、「主は答えてくださった。私をすべての恐怖から救い出してくださった。」 とあかししています。

あなたは恐怖に苦しんでいますか。現代社会の中においては、大多数の人々が平安をおびやかす何らかの恐れを抱いているのではないでしょうか。ダビデの方法を試してみましょう。主を求め、主に祈り、すべての恐怖から救い出してくださるように求めましょう。ダビデは続けて、「彼らが主を仰ぎ見ると、彼らは輝いた。『彼らの顔をはずかしめないでください。』」と言っています。ここに、重要な原則があります。光や闇を見ると、私たちは、自分の見ているものを映し出します。もし、闇を見るなら、私たちは陰気で暗くなりますが、もし、光である主を仰ぎ見るなら、私たちの顔は主の光で輝き、「はずかしめを受けない、失望しない」のです。

主を仰ぎ見ましょう。主を呼び求め、助け出してくださるように祈り、主を見上げれば、あなたの顔は光り輝くのです。