みことばの種

01/7 父である神

 

 

マタイ6:9

 「だから、こう祈りなさい。『天にいます私たちの父よ。御名があがめられますように。』」

 

模範の祈りの中で最も重要な言葉は、「私たちの父よ」です。

第一に、私たちは父に祈ることができるということを知る必要があります。この世界は単なる偶然の状況の集まりではなく、誰ひとり理解できない、あるいは制御できない物質主義のおもちゃでもありません。私たちは単なるロボットではありません。私たちは単なる瞬間的なものでもありません。私たちを愛し、いつくしみ、父となりたいと願う神によって、神の似姿につくられた人間です。

この世界のすべてのものの背後は、生命力のない神秘的な力なのではなく、永遠に生きておられる方がおられ、それが私たちの父なのです。神は変わることがありません。神は世界を造られ、また私たちを造られました。神は私たちを世界に置かれました。私たちが存在するのは、神が私たちをこの場所に置かれたからです。そのことは、人生や世界、状況についての私たちの感じ方に大きな違いをもたらします。私たちは孤独ではありません。私たちは不安になる必要はありません。すべてのものは、神の手の中にあります。

そして、神には私たちという多くの子どもがいます。私たちは単にそのうちの一人なのではありません。他の人々も神の子どもたちであることを忘れないでいる必要があります。私たちは、彼らのことを考え、互いに思いやりを持ちあう必要があります。互いに親切にしましょう。互いに補い合いましょう。父なる神が私たちに示してくださっている同じ愛といつくしみを互いに表わしましょう。忘れないでいてください。それが、私たちの父の愛です。