みことばの種

04/1 不思議な助言者

 

 

詩篇16:7

「私は助言を下さった主をほめたたえる。まことに、夜になると、私の心が私に教える。」

 

私は、このダビデのこのことばに共鳴することができます。主の助言を求めることが何であるかを知っています。主の助言は、人のすべての知恵に勝るものであると信じます。主の助言は信頼に値するものであるということが、私自身の経験で何度も証明されてきました。

イザヤ書で、主は「不思議な助言者」であると表現されています。人間の知恵、人間の洞察、人間の知識をはるかに超えた助言者です。私はその主の助言をいただくことができることに感謝します。そして、続くダビデのことば、「まことに、夜になると、私の心が私に教える。」 にも私は共鳴できます。何度も何度も私は未解決の問題を抱えているとき、寝床(ベッド)に入り、主にその問題をゆだねてきました。夜中に主は私を起こし、私の心の奥深くに、夜の静寂の中で、とても小さな声で、主は私に語られます。その問題の答えを示してくださるのです。

自分の能力の限界にきたとき、また思いつく限りの問題の解決法がどうも賢明でないと思えるとき、あなたが主の助言をいただくことができると知ることは何と素晴らしい事でしょうか。あなたが人生で行き詰まり、どの方向へ進むべきかわからないとき、思い出してください。主は不思議な助言者です。主のもとへ行き、その問題を主と、主ご自身の素晴らしい道にゆだねるとき、主はあなたに答えを示してくださるでしょう。