みことばの種

08/4 涙の皮袋

 

 

詩篇56:8

「あなたは、私のさすらいをしるしておられます。どうか私の涙を、あなたの皮袋にたくわえてください。それはあなたの書には、ないのでしょうか。」

 

さすらい人、逃亡者、追放者である人のたましいの悲痛な叫びです。多くの、多くの涙を流してきた人です。たとえ、涙と追放の中においても、ダビデは安らぎを見出します。彼は、神の目が自分に注がれ、神は彼が通ってきたすべてのこと、義のゆえに苦しむ彼のすべてを神の書に記されました。

そして、ダビデはこうも言っています。「神よ。私の涙をあなたの皮袋にたくわえてください。」 なぜ、涙を神にたくわえていてほしいのでしょうか。その当時の涙は、今私たちが理解している涙とはかなり異なっていました。私たちは、その涙は苦しみとしてとらえ、何が間違っているのかという疑問の理由としてとらえます。しかし、今生きている人生の中で私たちに見えるのは、織り模様のタペストリーの裏側にしかすぎません。裏から見ると、表はどんな色で模様なのかはっきりわかりません。しかし、忘れないでください。永遠においては、私たちはその奇妙なタペストリーを表側から、つまり正しい方法で見ることになり、神は永遠に至るまで私たちに喜びを与える最も美しい模様の中へもたらしてくださることを知るのです。

ですから、あなたが義のゆえに苦しんでいて、苦しみの涙を流しておられるなら、神に背を向けないでください。望みを捨てないでください。ダビデがしたように、神に「私の涙をあなたの皮袋にたくわえてください。」と叫んでください。