みことばの種

05/3 叫び求める

 

 

詩篇30:2

「私の神、主よ。私があなたに叫び求めると、あなたは私を、いやされました。」

 

聖書で私が祝福されることの一つは、そのとても単純なところです。単純で短いフレーズの中で最も深いことを語っています。今日お読みした短いみことばをちらっと見るだけでは少しの興味もわきません。「私の神、主よ。私があなたに叫び求めると、あなたは私を、いやされました。」

しかし、この一文の中に素晴らしい真理が表現されています。神がご自身の民のいやし主であることを、あなたは知っていますか。出エジプト記で神は、「私は主、あなたをいやす者である。」 と言っています。私は主、あなたの医者であると言っているのです。

そして、新約聖書のヤコブの手紙の中でヤコブは、「あなたがたの中に病気の人がいますか。その人は教会の長老たちを招き、主の御名によって、オリーブ油を塗って祈ってもらいなさい。信仰による祈りは、病む人を回復させます。」 と書いています。あなたには、何かの病気や痛み、苦しみがありますか。主は喜んで解放してくださいます。主に叫び求めるということを考えたことがありますか。「私があなたに叫び求めると、あなたは私を、いやされました。」 という単純なフレーズを思い起こしてください。病気の人、弱っている人を助けてくださる医者や看護師がいることを、神に感謝すべきでしょう。しかし、究極的ないやし主は神です。あなたの問題を神のもとへ持って行きましょう。私は何度もそのようにし、神は私をいやしてくださいました。神はあなたもいやしてくださいます。