みことばの種

22/5 甘いことばに惑わされない

 

箴言5:3-5

「他国の女のくちびるは蜂の巣の蜜をしたたらせ、その口は油よりもなめらかだ。しかし、その終わりは苦よもぎのように苦く、もろ刃の剣のように鋭い。その足は死に下り、その歩みはよみに通じている。」

今日、男女が直面している最も多い誘惑の一つは、婚姻関係の不誠実、姦淫、つまり不倫という誘惑です。悪魔はその悪をとても魅力的なものに見せることができます。夫が妻と口げんかして、妻が暴言を吐き、夫は家を飛び出し、バーや盛り場、また飛行機に乗ってどこか遠くへ行くかもしれません。そして、悪魔が魅力的な誰かに出会わせます。

しかし、きらびやかさと真の美しさの間には違いがあることを覚えておいてください。そのきらびやかさの内側と外見の下は、致命的で有毒なものです。聖書は非常に率直で、前もって私たちに警告しています。「蜜のように甘いことばに惑わされてはならない。その口は油よりもなめらかだ。」 なぜなら、もしあなたがそれについていくなら、その終わりは恥であり、死です。神があなたに与えようとしたすべての喜びと幸せの崩壊と終わりです。それは、今日非常に実際的な警告です。もしあなたが私の声に聞くなら、あなたが今その誘惑で苦しんでいるなら、その終わりは、死であることを忘れないでください。それはシェオル、よみ、地獄です。